MENU

Hiroshi’s Room

市ヶ谷弘司の部屋

MESSAGE

アイデアで
世界を持続可能に

創造とは、知識の木の枝の下の方に、まだ生えていない小さな新しい枝を生えさせ成長させていくことです。私は、「生理クーラー®理論」という新しい枝を生やし、その枝に空調服™や空調ベッド™、空調ざぶとん™などの花を咲かせました。将来、この枝が太くなり、大輪の花を咲かせるという確信に後押しされ、苦境を乗り越えて事業化に成功できたのです。私が情報発信をしていくことで、私と同じように不器用だが新しいアイデアを創っていきたい人、これからのすべての創造者にとって、何かのお役に立てたのならば、大変嬉しく思います。私も発想を創造に変えるため、絶えずよりよい空調シリーズを研究開発し世界中に普及させることにより、暑さ対策にかかるエネルギーを大幅に削減し、地球環境に大きく寄与すると共に、健康的でより快適な「生理クーラー® 理論」による世界の実現を目指します。

市ヶ谷弘司

BIOGRAPHY

市ヶ谷弘司
プロフィール

株式会社 セフト研究所 代表取締役社長

1947年生まれ。1991年にソニーを早期退職後、同年9月に株式会社 セフト研究所設立。ブラウン管測定器の販売で赴いた東南アジアで地球温暖化に危機感を抱いた。そこから冷却製品を開発する過程で「生理クーラー® 理論」を着想、この理論を応用した『空調服™』を開発し、製造。この製造した 『空調服™』を販売するため、2004年に株式会社ピーシーツービー(現株式会社 空調服)を設立する。2005年に株式会社 空調服に社名変更。

COVERAGE HISTORY

受賞履歴

2020年
● 1月17日 JIDA デザインミュージアムセレクションVol.21に
空調服™「KU90520」が選定
2019年
● 10月8日 栄光マシーンセンター株式会社と取り組みをしている『空調服™エレファン』が 2019年度グッドデザイン賞受賞
2017年
● 1月 “空調服™”が地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞
2008年
● 2月 “空調ざぶとん™”が埼玉県ベンチャー企業優良品コンテスト優秀賞受賞
2007年
● 3月 “空調ベッド™”が埼玉県ベンチャー企業優良品コンテスト入選
● 2月 “空調ベッド™”が埼玉県主催第ニ回渋沢栄一ベンチャードリーム賞特別賞受賞
2006年
● 2月 “空調服™”が埼玉県ベンチャー企業優良品コンテスト入選

独自理論を元に開発されたオリジナル商品は、
これまでにさまざまな賞を受賞しております。

主な取材履歴

© Ichigaya Hiroshi.com

Back to