MENU

News

最新ニュース

第46回発明大賞/発明功労賞 を受賞致しました

公益財団法人 日本発明振興協会と日刊工業新聞社共催による、第46回発明大賞にて
当社の「電動ファン付きウェア」が発明功労賞を受賞致しました。

▼日刊工業新聞社サイトはこちら
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00590321

●発明大賞とは
発明考案を通じて産業の発展や国民生活の向上に寄与した、資本金10億円以下の中堅・中小企業や個人、グループに贈られます。

企業理念である、
「絶えずよりよい空調服・シート等の研究開発に努め 世界中に普及させることにより
暑さ対策にかかるエネルギーを大幅に削減し 地球環境改善に大きく寄与するとともに
健康的でより快適な『生理クーラー社会』の実現を目指します!」
に基づき、コツコツと取り組んできたことが、評価されたものと考えております。

今後とも関係各位のご協力を賜りつつ、新しい商品の開発、販売に努めてまいります。
何卒、よろしくお願いいたします。

【空調フェイスシールド™】3/18「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(テレビ東京)で紹介されます

2021年3月18日(木)テレビ東京で放送される「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に空調フェイスシールド™が紹介されます。ぜひ、ご覧ください。

■放送局:テレビ東京

■番組名:WBS(ワールドビジネスサテライト)

■放送日時:2021年3月18日(木)23:00~23:58

■紹介商品:空調フェイスシールド™

■番組内容:
生活や仕事に役立つリアルタイムの世界の経済ニュースを、豊富なデータとわかりやすい解説でお伝えします。

■出演
MC : 大江麻理子 佐々木明子

■番組HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

※番組内容・放送時間・出演者は予告なく変更となる場合がございます。

空調フェイスシールド™販売開始のお知らせ

当サイト内でも重ねてお知らせしてまいりました、空調フェイスシールド™が3月上旬より販売開始されることになりましたのでお知らせいたします。

空調フェイスシールド™は、顔全体を覆い密閉して飛沫を防ぐフェイスシールドタイプです。上部のファンからフィルター越しに吸気し、下部のフィルターを通して排気する構造で、暑苦しさや曇りを軽減し快適に過ごすことが出来ます。

詳しくは、以下のリンクよりご確認ください。

製品についてのお問い合わせはこちら≫

プレスリリースはこちら≫

詳しい製品仕様についてはこちら≫

【市ヶ谷弘司・テレビ出演】2/14「ニッポンのレジェンド発掘SP『さいしょの人はスゴかった!!』」(日テレ系)に出演します

2021年2月14日(日)日本テレビ系列で全国放送される「ニッポンのレジェンド発掘SP『さいしょの人はスゴかった!!』」に出演します。ぜひ、ご覧ください。

■制作:読売テレビ
■放送日時:2021年2月14日(日)15:00~16:25
■放送局:日本テレビ系にて全国放送
■番組名:「ニッポンのレジェンド発掘SP『さいしょの人はスゴかった!!』」
■番組内容:
世の中にある“当たり前”をつくった知られざるレジェンドさんに注目!!
先人たちの 「はじめて○○した」 偉業・功績にスポットをあてそのレガシーに学んでいく知的エンタテインメント。
■出演
MC : 香取慎吾 渡辺直美
ミニコーナー進行 : 吉村崇(平成ノブシコブシ)
アシスタント : 林マオ(ytvアナウンサー)
■番組HP:https://www.ytv.co.jp/saishonohito/
※※番組内容・放送時間・出演者は予告なく変更となる場合がございます。

ニューノーマル時代の「空調服™」新プロジェクト

空調服™の新たなプロジェクトがスタートしていますので、ご報告させていただきます。
この度、「空調服™for Kids」、「空調服™for Ladies」、「空調ズボン®ハーフパンツ」の3製品が、クラウドファウンディングサービス『Makuake』にて先行予約販売が開始されました。

「空調服™for Kids」
https://www.makuake.com/project/ku-kids/

「空調服™for Ladies」
https://www.makuake.com/project/ku-ladies/

「空調ズボン®ハーフパンツ」 販売会社:エイコー株式会社
https://www.makuake.com/project/ei-shorts/


「空調服™for Kids」「空調服™for Ladies」の紹介動画

「空調服™for Kids」「空調服™for Ladies」には、
先行販売の限定ノベルティとして「Makuake限定 迷彩ウォータープルーフバック」を
お付けします。みなさまに応援いただければ嬉しく思います。

また、以前からご要望の声を多く頂いておりました「厨房用の空調服™」が、株式会社チトセとのコラボレーションによって実現しました(今春発売予定)。高温な環境での業務が続く厨房での、熱中症リスクの低減に役立てていただければ幸いです。

ニュースリリースはこちら≫
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000057158.html

ポストコロナ、カーボンフリーといった新たなスタンダードが誕生していくニューノーマル(新しい生活様式)な時代に、みなさまのお役に立つ新体験を届けることは私たちの大きなやりがいです。

空調服™は今後も新たなスタイルを提案していきたいと考えております。 
「こんな空調服がほしい」「あったらいい」という声も、ぜひお聞かせください。SNSなどで気軽に発信していただけるだけでも構いません。そんな一つひとつの声が、私たちが今後お届けしていく“ニューノーマル”をかたちにしてくれます。

  • 「空調服(TM)」(ファン付きウエア)はファンから服の中に外気を取り込み、汗を蒸発させて身体を冷やし、涼しく快適に過ごすための製品です。
  • 掲載商品は、(株)セフト研究所・(株)空調服の特許および技術を使用しております。
  • 「空調服」は(株)セフト研究所・(株)空調服の商標および登録商標です。(登録区分9,10,11,12,17,20,24類)
  • 「生理クーラー」「DC空調服」ロゴ「空調ズボン」は、(株)セフト研究所・(株)空調服の登録商標です。

空調フェイスシールド™ 製品版の仕様についてのご報告

空調フェイスシールド™につきまして、たくさんの取材やお問い合わせ本当にありがとうございました。この度、製品版が完成したため、変更点及び仕様についてご報告いたします。

詳細はこちら>>

正式販売の開始については近日、改めてご報告させていただきますので、今しばしお待ち下さい。

お問い合わせはこちら>>

空調フェイスシールド™ 開発経過と実地テストについてのご報告

当サイトをはじめ、各所でご案内させていただいております「空調フェイスシールド™」につきまして多くのお問い合わせを頂きまして、ありがとうございます。当初は2020年秋頃の販売を目指して開発を進めてまいりましたが、販売開始が遅れておりますことをお詫び申し上げます。

現在「空調フェイスシールド™」の開発は、最終段階に入っております。
また、東海地区で開業されております小児科クリニックのご協力のもと、実際の医療現場における最新の試作品を使ったモニターテストも並行して行っています。

テストの途中結果については、以下をご参照ください。

詳細はこちら>>

新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、その影響によって業務活動に困窮し、日常生活にも支障をきたされている方々がおられることと存じます。「空調フェイスシールド™」が、そのような状況を変える一助となるべくスタッフ一同、一日も早くみなさまにお届けできますよう開発に取り組んでまいります。

お問い合わせはこちら>>

空調フェイスシールド™ 2次試作品情報を掲載

今年5月に発表しました空調フェイスシールド™につきまして、たくさんの取材やお問い合わせ本当にありがとうございました。いただいた意見をもとに、その後、開発をすすめていきました。この度、2次試作品が完成したため、報告致します。

詳細はこちら>>

また、コラムページ製品開発記内において、開発過程が解る手記とシミュレーション動画を掲載しておりますので、こちらもご参照ください。

詳細はこちら>>

『空調服™を生み出した市ヶ谷弘司の思考実験』発売

2020年8月19日(水)出版社クロスメディア・パブリッシングより、
市ヶ谷弘司著書『空調服™を生み出した市ヶ谷弘司の思考実験』が発売されました。

■「生理クーラー理論®」で世間を驚かせた発明家の頭のなか

はじめに

「何を考えていれば、こんな発想がでてくるのですか」インタビューや取材にかかわらず、
こんなことをよく聞かれます。

ただ、この質問にどう答えたらいいのかは実はとても難しいものです。
発想やアイデアといったものは、積み重ねた思考や試行錯誤という過程があって生み出されるわけですが、
その過程はとても膨大かつ複雑なものであって、私自身も完全に把握しきれていない部分があるからです。

それならば、私が普段「どのようなことを考えているのかを、そのまま書いてしまえばいいのではないか」というのが
本書の趣旨になります。
思考には個人の中にさまざまな基準や傾向がありますが、
私にとってのそれはどういうものなのかを知ってもらうためには、
考えているままに示した方がいいでしょう。

もしもそんな私が思考する世界とその実験を面白いと思ってくれる人がいるならば、
あるいは新たな思考のヒントになったりするのならば、
とても嬉しく思います。 

ご購入はこちら

© Ichigaya Hiroshi.com

Back to